スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- スポンサー広告 trackback(-) comment(-)

愛・地球博共通のテーマ「自然の叡智」

6日に夜行バス乗って、
愛知万博 行きました。
楽しかった~☆人は多かったけど・・。どっから来んの?!(自分もだけど)仕事しろーと叫びだしそうになったりならなかったり。
モリゾー・キッコロ

企業パビリオンはすんごい人で、5.6時間待ちとかで全然見れず。唯一JR東海の「超電動リニア館」には行けました。
超電動ってなんか難しいけど、磁石みたいなもんなのねー、リニアモーターカー実際に走るようになったら新幹線安くなりそうだし、いいねぇ。頑張って早く実用化してくれ!・・・・
ワタシの目的は初めから外国館だったわけで、全部回ってやるぞーってな勢いだったんですが、さすがに無理!行きたかった国際赤十字・赤新月館は3時間待ち・・・ドイツ館は激しく混んでいて、5時間待ちだし・・諦めましたよ。1日潰れちゃうし(´`)
アジア・オセアニア・イスラム系の国々は比較的空いてたので沢山見れました。ちなみに、万博のパビリオンには一つ一つスタンプが設置してあって、スタンプを集めるというのも結構楽しいですよ♪グッズショップにはワールドスタンプパスポートというスタンプ張が¥500で売っているのでオススメ☆
コレ20050910014926.jpg
中は・・(アフリカの国のスタンプ)
中

イタリア館には「踊るサテュロス」というおよそ2400年前に製作され、1998年にシチリアの漁師が引き上げたブロンズ像が展示してあり、万博での展示を最後にイタリア国内でしか展示されなくなるらしく、日本で見れるチャンス!とワクワクしたわけですが、ワタシ芸術的センスが無いんですよね。おぉ~踊ってるくらいしか考えられなかった自分が恥ずかしい。
フランス館で見れる映像には考えさせられました。世界では裕福な国と貧困な国の差がどんどん広まってますね。こうした万博を通じて世界に目を向ける事って大事だと思いました。
そして、そんな事を考えながら国連館へ。アナン国連事務総長の挨拶や人口時計(人口数がリアルタイムに分かる)などを見つつ、グッズショップへ!なんと、国連限定のキティちゃんがありましたー。地域限定キティならあるけど、国連限定ってすごいなぁ。
オーストラリア館では「ワニロール」目的で行きました。
絶対ワニ食うぞー!!
すると、メニューのワニロールの下に「カンガルーバーガー」とあり、一気にテンションが上がったので、ワニロール(¥1100)とカンガルーバーガー(¥900・・多分)両方買っちゃいました。
ワニロール
ワニロール
カンガルーバーガー
カンガルーバーガー
味は、ワニは予想通りちょっと硬い鳥肉ささみのような感じでイケます。カンガルーはちょっとクセのある味でしたね~。香辛料のような・・駄目な人はだめかも。
色々歩いたり、食べたりしたらあっという間によるになり最後にアメリカ館へ行きました。アメリカ館にもかなり行きたかったんですよねー。昼は3時間待ちくらいでかなり混んでたんですが8時過ぎると20分待ちだったので早速並びました。すると、金属検査&荷物は赤外線検査!ここは空港かっ!万博入るときより厳しいぞ。まぁテロ心配ですしね。万博でテロ起こしたら犯人側のメッセージも伝えやすそうだしね。ベルトの金属が反応しないか心配でしたが大丈夫だった。いやぁ、流石アメリカだねぇ。一番エンターテイメント性があって面白かったです。シアターみたいなとこで映画を見る訳ですが・・・・・・ネタバレ→シアターに入る前の部屋の絵が動くのが面白い。係の人がみなさん絵にバイバイしてくださーいって呼びかけにお客の反応が悪くてつまらないですねー。ただの映画だと思ったら、イスに刺激走ってビックリ!ストーリーも面白くて、ベンの「生まれてくる時代が早すぎました」ってのにちょっと感動。最後油断してたら本物の凧が飛び出してきて、アメリカのエンターテイメントに対する姿勢にまたちょっと感動しました。
グッズ買いたかったんですが、グッズ売ってないのね・・。

おー、かなりの長文になってしまいました(汗)

スポンサーサイト

2005/09/10 ひとりごと trackback(0) comment(2)

コメントありがとぉ~。
takaraさんも韓国行ってきたのね☆
今度語りましょ!!

2005/09/12 管理人ogya URL edit

こんばんわw
愛・地球博行ってきたんだ!!!いいなぁ~楽しかったみたいね(^^)
今度お話聞かせておくれ。

2005/09/11 takara URL edit













管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。