スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- スポンサー広告 trackback(-) comment(-)

THE LAST KING OF SCOTLAND

ラストキング・ オブ・スコットランド
..
何よりも恐ろしいのは、人間の本性
★★★★☆ 


1回も飽きずに最後まで見れました。
中盤もサスペンス要素が大きくてハラハラ。
後半は無実の人の死や痛すぎシーンにゲッソリ。
結構こういうシーン平気なんだけど、これは実話を元にしてるからかキツかった..。


アカデミー取ったフォレスト・ウィテカーはもちろんスゴイ演技。こりゃアカデミー取っても文句無しですわ。
やっぱ、ジェイムズ・マカヴォイいい~!
最初は自信家で気取った青年医師って感じ。
俺のやってる事に間違いはないし、その上大統領に好かれちゃったぜ~(自慢げ)ってとにかく自信に溢れてるのが若いって感じで良いですね~(何様)
したたかで卑怯で自分勝手なんだけど、そこがなんともリアルなような。


とそんな事は置いといて。
これってどこまでが実話なんでしょうかー?
この青年医師は本当にいたのかね~。


結局。
世界はただ国民を助けるために動くって事はないんですね。助けると何か自分達が有利になるなら別だけど。
最後は反体制派の攻撃で失脚したそうで。

あーーーー後味悪い。
せっかくの休みに見たのにゲッソリ。
スポンサーサイト

2008/03/22 MOVIE Review trackback(0) comment(0)













管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。