スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- スポンサー広告 trackback(-) comment(-)

The Road to Guantanamo

グアンタナモ、僕達が見た真実
TRTG_1.jpg
無実の青年たちは、テロリストとして2年以上も拘束された。

★★★★☆

まぁアメリカの対応の酷さがよく描かれています。
オレが犯人だと思ったら、もうお前は犯人なんだよー!
って感じですね。ジャイアニズム。

でも私が印象に残ったのは、宗教ってこういう夢も希望も無く、信じる人とも交流が取れない、冤罪の被害にあった時、死んだほうがマシなくらいの地獄のような環境に身を置かなきゃいけない時に本当に強い心の支えになるんだなーということ。

ちなみに私はいわゆる無宗教者です。宗教の話は複雑で一概に反対も賛成も出来ないけどね。

アメリカの対応は横暴だけど、それを見てみぬフリの世界の国々もどうなのかな。
こんなんじゃ憎しみの連鎖は止まらないよなぁ。

空爆で関係ない市民が殺されて。
かといってイラク戦争のアメリカ兵は怪我やPTSDなどで生活や次の就職先などが困難になっても、国からは満足な支援が受けられないらしいし。

何なんでしょうか一体。
スポンサーサイト

2008/01/18 MOVIE Review trackback(0) comment(0)













管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。