スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- スポンサー広告 trackback(-) comment(-)

BROKEN FLOWERS

ブロークン・フラワーズ

人生は思いがけない驚きを運んでくる

うーん。私はあんまり合わなかったなこの映画。
でもこんな淡々とした緩い映画なのに眠くならなかったし、最後まで見れたのは、主人公のドンのビル・マーレイが合ってたのと、親友役のジェフリー・ライトがほどよく笑わしてくれたのと、女優陣が豪華だったからでしょうねー。

クロエ・セヴィニーが出てたのにはびっくりしました。そして可愛かった。けだるい感じが似合うなーこの人。
この感じで最後にサプライズがあったら、かなり上位になったのにぃ。(私の中で)というか、誰の子だろう?っていう気持ちが最後まで飽きさせなかったのかも。

狂言は..卑怯だー。なんだよガックシ。。。
でもこういう感じが好きな人には好きな映画なんでしょうね。
最近、最後にビックリスッキリていう映画見すぎたなぁ。

スポンサーサイト

2007/07/27 MOVIE Review trackback(0) comment(2)

やっぱりそうなんですよね!
はっきりしない所が魅力だとは思ったんですけど~(笑)
ほぉー!私もきっと最後だったし、その亡くなった彼女かなと思ったんですよー!
音楽もそうだし、この映画自体オシャレですよね。ドンがいつも家で着てたフレッドペリーのジャージとかもオシャレだなーと思いましたv

「コーヒー&シガレッツ」もこの監督なんですか?見たかったんですよ(^^)見てみます~。

ビル・マーレイは気難しい親父やらせたら天下一品ですね!でも憎めないんだなー。

2007/07/29 ogya URL edit

誰の子なの?と延々と考えるのがいいんですよ!(笑)個人的には亡くなった彼女(名前忘れてしまった)の子供であって欲しいなーと。でも年数が合わないんですよね、それだと。
使われてた音楽が妙にカッコ良くてサントラ買ってしまいました。

この監督の映画って物凄く洒落てて好きなんですが、この映画よりも「コーヒー&シガレッツ」のがお勧めです。見た事なければ是非見てみてください~。
ビル・マーレイってなんか可愛いおっさんですよね。

2007/07/27 チカ URL edit













管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。