スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- スポンサー広告 trackback(-) comment(-)

PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 


だいぶ前に見たので、けっこう忘れちゃった(汗)
言わずと知れた大作ですね。
7月にはTDLのカリブの海賊もPOC仕様になってるとか。
多分どっかに1体ジャック・スパロウがいると思われる。

私はジャック・スパロウも好きですが、1番好きなのはバルボッサです。ジャック・スパロウとのコンビも良いですね~。
あ、ディヴィ・ジョーンズも好きだなー。イカなんだかタコなんだか分からないけど。
さらにキース・リチャーズなんて生きる化石みたいだった(笑)あの人ぜったい200歳くらいだよ。オーラが違う(笑)
他にもサオフェンやらフック船長みたいな人やら色々オッサン出てきます。
オッサンだって頑張ってるんだぞよ!!て感じですね。

スパイダーマン3の編集長やフランス料理店のグッジョブ店員といい、今ハリウッドはコミカルオッサンパワーがすごいと思うのは私だけかな~。

これは2時間50分もあるのにそれすら時間不足だったー。DVDでシーン増やされるかな~?LOTRの3作目なんて、ディレクターズカット版では4時間になってたし、やっぱ2時間半くらいに抑えるのは大変なんでしょうね。

まさかサオ・フェンが死ぬとはおもわなんだ..。殺さなくてもよかったのにぃ。てかサオ・フェンはもっとちょい役扱いにしてもよかったのでは!そのエピソードをなくして、巨大イカが死ぬとことか、カリプソとデヴィ・ジョーンズの話をもっと詳しくしたら、もっとすっきりだったのに。

エリザベスのあまりの強さにビックリです。どんだけ~。
あとオーリーはバカっぽくていいですね。かっこいいのにバカぽいんだよなぁ。
そーゆーの嫌いじゃないですけど★うへへ
スポンサーサイト

2007/07/12 MOVIE Review trackback(0) comment(0)













管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。