スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- スポンサー広告 trackback(-) comment(-)

THE AMITYVILLE HORROR


悪魔の棲む家

そこに入ってはいけない、
そこに住んではいけない、
その真実を知ってはいけない。


多分SAWシリーズの影響でホラー・サスペンス好きになりました。
ちょっと前まで映画見るとしたらついホラー系ばっか選んじゃったりしてー。
でも最近はその熱も前ほどじゃなくなったんですけど、またホラー系見たいなと思って借りたのがコレ。
リメイクですよね。

ネタバレ多いものは追記に書くことにしました。
OKな方は↓をどぞー


Baced On True Storyって何処までが、実話なんでしょうか? 
一家虐殺までが実話なんですよねぇ。原住民のくだりはノンフィクションですよねいくらなんでも。

思ったよりも怖くなかったなぁ。タメのシーン(出るぞ出るぞっていうカメラワークとか)が多い割りに、その感じで実際に幽霊(or 気持ち悪い何か)が出るのはその半分くらい。
惨殺された家族の幽霊(ジョディとか)だけかと思いきや、末っ子の男の子がトイレ行くシーンでは謎の生き物が出てきてビビリましたけども。あれは結局原住民の霊でいいんでしょうか。
なんだかシャイニングを見ているようでした。幽霊よりも、あの夫(ライアン・レイノルズ)のがこえぇよ!みたいな。しかも無駄にムキムキだったなぁ。
なんかなぁーと思ってたら、地下室の中にまた部屋があるのを発見したあたりから、おっ!おもしろいドキドキ!と思って見てましたが、オチが原住民を虐殺したケッチャムって・・。ケッチャムって名前だったのかよー。しかも夢だったの?よく分からん。
まぁ、虐殺する悪魔が本物の悪魔になって家にとりついたって事は分かるんですが、なんで一人が選ばれて、他の家族を殺させようとするのか、これまたよく分かりませんでした。とにかくみんな殺したいってことなのかー。なんか曖昧な映画だなぁ。
地下室の一部分だけ暖かいんだーっていう謎はその奥に道があったよってことなのか・・。なんか色々とスッキリしませんでした。
しかもホラーに珍しくハッピーエンド。私はホラーはバッドエンドの方が好きなんですよねぇ。例外もいくつかあるけど。

褒めるとすれば上映時間が90分だって事でしょうか。(そこだけ?)
こーゆー映画は90分くらいがサクサク見れて良いです。

スポンサーサイト

2007/06/07 MOVIE Review trackback(0) comment(0)













管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。