スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- スポンサー広告 trackback(-) comment(-)

旅するジーンズと16歳の夏

-THE SISTERHOOD OF THE TRAVELING PANTS -
ほとんどネタバレ無しレヴュー

 

16歳になるティビー、リーナ、カルメン、ブリジットの仲良し4人組。彼女たちは、母親たちがマタニティ教室で出会って以来、ずっと一緒。4人は同じ気持ちを分かち合い、強い絆で結ばれていた。そんな4人が、この夏初めて別々の場所で過ごすことに。リーナは祖父母の住むギリシャへ、別れて暮らす父と一緒に過ごすカルメン、メキシコのサッカーキャンプに参加するブリジット、そして何の計画もなく地元のスーパーでバイトするティビー。出発の前日、彼女たちは体型の違う4人の誰が履いてもピッタリくる1本の不思議なジーンズと出会う。きっと幸運のジーンズに違いないと信じる彼女たちは、ひと夏の間、それを順番に着回そうと約束を交わすのだった。

ま、16歳には見えないけど(笑)想像以上に良かったです。まさかこんなに号泣するとは思ってなかった!ただの’友情って素晴らしい’ってだけの映画だと思ったし、魔法のジーンズがなんか頑張って幸せを運ぶ映画だと思ってました~。
でも魔法じゃないんですよね。この’魔法’のジーンズが友達と繋がっているんだっていう心の支えになるんですね。分かるなーと思った。そういう繋がりを求めるから交換日記とか今で言うならメールとかメッセとかミクシーとかをやるんじゃないかな、みんな。
この仲良し4人組は性格がまるでちがうんですけど、お互いをすごく信頼しあっててステキだ~。
親友って性格が似てるから親友になれるんじゃなくて、ユーモアのセンスが大事だな。これはメイキングでこの中の一人の役者さんが言ってたことでもあるんですけど。ホント冗談が通じるか通じないかって大事ですよね~。って話がずれた。

映画は友情ともちろん恋とかも絡んでくるんですけど、リーナのお相手のコルテスは最高!顔がかっこいいとかじゃなく、もう情熱的!!!!さすがだわー。まさにランデブー!ドキドキしちゃって、たまりません。
いいなー!こーゆー人!しかもその情熱的なのがギリシャのきれーな風景にマッチしてもう!キュンキュンしました(笑)リーナが海に飛び込んで、あとからコルテスも飛び込むシーンなんかドッキドキ!


カルメンは可哀相だったな・・。凹むよな~。ドレスのシーンなんか特に。最後のお父さんとのやり取りは涙涙です(私が)
ブリジットは男の人の気の引きかたが上手い!!アッパレ!しかもサッカーでもエースだし。あんな可愛い子に狙われたらねぇ。いくらコーチといえども気になっちゃうだろうね。そんなパーフェクトにみえるブリジットも心に闇を抱えてるわけですね。辛いのを隠して常に元気にしているのって大変だよー。
ティビーの気持ちも分かるー。みんなが予定あって自分だけがないと取り残された気分になりますなります。そして生きてる意味を模索中。日常のささいなことでしか幸せを見つけられない人ってカワイソーって思ってて、そんな人たちを撮ったドキュメンタリーを制作してるんですけど、ある少女と出会ったことで人生観がガラっと変わるんです。このエピソードも涙無しには見れぬ!!
私にとって幸せってなんだろうっていうのは永遠の課題だな~。平凡が幸せ?綱渡り的な日々が幸せなのか?どうなんでしょうね。分からないなー。
「なんとか頑張ってる。それでいいんじゃない?」・・・うん、それでいいのかもしれない。

スポンサーサイト

2006/07/28 MOVIE Review trackback(0) comment(0)













管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。