スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- スポンサー広告 trackback(-) comment(-)

最初、FLIGHTがFIGHTにみえた

「フライトプラン」 FLIGHTPLAN 
20060128001628.jpg

愛する夫を突然の事故で亡くし深い悲しみに暮れる航空機設計士のカイル。彼女は夫の遺体を引き取り、6歳の娘ジュリアと共に最新型のジャンボジェット機で帰国の途上にあった。ところが、飛行中の機内でジュリアが忽然と姿を消してしまう。しかし乗客はおろか乗務員の誰一人としてジュリアを見た者はいなかった。さらには搭乗記録すらも存在しなかったことが判明する。

映画ってのはあんま期待しないほうが楽しめたりしますが、この映画はまさにそう。期待しなかったけど、思ったよりも楽しめた!ちゃんとサスペンスしてんじゃん~って思った。

飛行機の裏側が見れたのが面白かったなぁ。ストーリーもまぁまぁ良かったけど。こんな棚の中に機械室があるの?!などなど。。この映画の飛行機は最先端なジェット機なので、実際の飛行機はもっとショボイ(失礼)感じですが。実際は、飛行機の中にバーカウンターなんて無いしねぇ。あーもしかしたら、ファーストクラスにはあるのかも!エコノミーにしか乗ったことないもんで(汗)

ラスト30分くらいで様々な謎が解け始めるわけですが、意外っちゃー意外だけどそんなに驚かず。

映画が終わって隣のカップルが、「わざわざ飛行機の中でやる理由が分からない」ってな会話をしていて、その通り!!だと思った。考え出すと矛盾も結構あるけど、まぁ~しょうがないかぁ。

まぁ、ショーン・ビーンのかっこよさ&渋さを堪能できて嬉しかった~☆前回見た「スタンドアップ」にも出演していて気になってたので、密かに楽しみにしていたのです。みごと!期待を裏切らない渋さでした。

スポンサーサイト

2006/02/07 MOVIE Review trackback(0) comment(0)













管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。