スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- スポンサー広告 trackback(-) comment(-)

キュート!

「リトル・ダンサー」 BILLY ELLIOT
20060126010703.jpg

1984年、イギリス北部の炭坑町。11歳のビリーは炭坑労働者のパパと兄トニー、おばあちゃんと暮らしていた。ある日、ビリーの通うボクシング教室のホールにバレエ教室が移ってきた。ふとしたことからレッスンに飛び入りしたビリーは、バレエに特別な開放感を覚えるのだった。教室の先生であるウィルキンソン夫人もビリーに特別な才能を見出した。それからというものビリーはバレエに夢中になるのだが……。

前から気になってはいたけど、借りなかった映画。でもジェイミー・ベルが気になってることもあり、いっちょ観てみてみました。
うーん・・、良いっ!!この映画はかなり良いです!!やっぱ家族愛には泣かされるわぁ。主人公のビリーもお父さんもお兄ちゃんもおばぁちゃんも先生も友達のゲイの男の子もおませな女の子もみーんな素晴らしい演技だったです。ビリーの踊ってるときの表情がイキイキしてて、荒削りなダンスもよかった。特に、お父さんとお兄ちゃんには泣かされました。。みんなビリーを愛してるってことは伝わるんだけど、やっぱお父さんの、自分の気持ちを抑えてスト破りするところと、ビリーが出発するときにお兄ちゃんが窓越しに「さびしいよ。」(?)みたいなことをいうシーンが最高に感動だー!!!欲をいえば、ラストシーンはもうちょっと見せて欲しかったけど、あれくらいのほうが余韻が残っていいのかも。普段家でDVDで見るとき、エンドロール早送りしちゃうんですが、これは最後まで観ちゃった。

もうDVD買うかもしれません!!マイベスト10に入るな~。
やっぱり、ジェイミー・ベルは可愛かった☆
20060126010723.jpg

スポンサーサイト

2006/01/26 MOVIE Review trackback(0) comment(0)













管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。